乾燥・焼却の豆知識

「粒状活性炭の乾燥」について

粒状活性炭とは、活性炭の一種で、粒径150μm以上の物質のことです。

 

粒状活性炭は、大きく植物系と鉱物系の2つに分類されます。
植物系の粒状活性炭の代表としては、木材(木質)・ヤシ殻などがあります。
鉱物系の粒状活性炭の代表としては、石炭、石油(ピッチ)などがあります。

 

粒状活性炭は、水と接触させた時、水に対して溶けにくい物質であるほど付着するという特性を生かした浄水処理のための方法として、カビの除去などにおいて利用されています。

 

また、粒状活性炭は対応可能な範囲が広く、一時的な使用が可能であることも特徴です。

 

当社では、粒状活性炭の乾燥に優れた下記の製品を開発・製造しております。

 

様々な粒状活性炭の乾燥に対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

「粒状活性炭の乾燥」に関連する当社の製品