乾燥・焼却の豆知識

「繊維の乾燥」について

繊維とは、収斂された糸状の素材のことを指します。人類が生きるためには衣服の存在は重要ですが、衣服を作るために重要な役割を果たすものが繊維だと言えます。

 

主な区分としては、「天然繊維」と「化学繊維」に分けることができます。

 

長い間、繊維は自然由来の繭などの素材をシンプルな人工的加工を施すことによって製造されていましたが、現代では化学的な加工によって製造されることが多くなっています。

 

「化学繊維」が多く作られる元となったものは「ナイロン」ですが、現代では様々な「化学繊維」が作られています。

 

当社は、繊維との関わりは古く、1917年から繭を乾燥させる乾繭機を製造しています。
繊維産業の黎明期から繊維に関わる機械を製造してきたため、繊維の乾燥機の製造には多くの経験・ノウハウを有しています。

 

当社では、繊維の乾燥に優れた下記の製品を開発・製造しております。

 

様々な繊維の乾燥に対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

「ゴムの乾燥」に関連する当社の製品