オーブン

オーブン
オーブン。1960年に開発依頼、国内外に数百台のオーブンを納入して参りました。
株式会社大和三光製作所は、1960年に、金属印刷・塗装用オーブンを開発して以来、数百台のオーブンを国内外に納入して参りました。
この豊富な経験をベースにして、金属印刷市場の高度な要求品質をクリアーする、使いやすいオーブンの開発に絶え間ない挑戦を続け、さらなる進歩、前進を目指しております。

特徴

省エネと公害、環境対策。直燃脱臭・間接熱回収オープンはヒュームインシネレーターを核に排気処理システム、廃熱回収システムを組み込みました。美しく強い塗装面を形成するため、塗膜形成プロセスでの、インキ、塗料が要求するさまざまな条件を確実にクリアーします。

1、直接燃焼脱臭/ヒューム因子熱風乾燥機レーター/揮発用材の完全燃焼/完璧な脱臭

揮発溶剤を大量に含んだオープンからの排気ガスは、ヒュームインシネレーター(直接燃焼脱臭装置)に送られ燃焼、脱臭されます。
この排気ガスは第2熱交換機(廃熱回収)を通り、あらかじめ300℃以上の高温に加熱されて、ヒュームインシネレーターに送り込まれます。
このヒュームインシネレーターで燃えにくい樹脂成分を完全燃焼させます。また排気ガス中の揮発溶剤を熱源として生かします。

2、第1熱交換機/燃焼ガスを含まないクリーンな熱風

オープン内に送られる熱風は、脱臭後の高温燃焼ガスと外気を第1熱交換器に通し、間接加熱により作ります。
したがってオーブンに送られる熱風には、NOx(窒素酸化物)が入りません。
また、オープン内の湿度、酸素濃度は、外気と同じ状態に保たれます。硬度、艶の良好な高品質な塗膜が仕上がります。

3、排気経路の二重ダクト/省エネ効果とヒューム付着防止

オーブンからの排気ガス温度は通常約100℃~120℃になっております。
また、揮発溶剤ガスを多量に含んでいます。
ヒュームの付着防止および脱臭後の廃熱回収のための二つの目的から、オーブンの排気ダクトは、脱臭後の燃焼ガスダクトの中を通る二重ダクト構造になつています。

4、第2熱交換器/関節熱回収 省エネを考慮した排ガスフロー

二重ダクトを通過した排気ガス温度は約200℃。直接燃焼脱臭式では約800℃の高温で脱臭処理するため燃料が多く必要となります。
そのため、第2熱交換器を設け、脱臭後の廃熱を回収し、排気ガス温度を昇温させ燃費の低減を計っております。
排気ガスは、ここで300℃以上に加熱され、ヒュームインシネレーターに送られる省エネフローです。

気流の流れ・内部構造

関節脱臭・関節回収オーブン。フローシート。

1、渦状の旋回気流/印刷面、塗装面の均一な焼付

左右の熱風吹出ノズルからの熱風流、二重壁間の熱風流、および中央の吸引作用により、炉内左右では渦状の旋回気流が形成されます。
この気流は、金属板の間に細かな乱流を作り出し、板面に対する熱風の当たり方を均一化し、理想的な対流加熱をおこないます。
渦状の旋回気流は、印刷面、塗装面をムラなく均―に焼き付け、高品質な仕上りを保証します。

2、ゾーンコントロール/省エネ、プラス高品質

塗料の種類、金属板の材質、厚み、寸法、速度などの生産条件による必要な熱風量、温度の調整は、ヒュームインシネレーター、各ゾーンことの熱風吹込チャンバー部センサー、調節計、自動ダンパーの組合せで、正確におこなわれます。

3、入口・シール区の強制排気/過熱・冷却間ゾーンをシーリング

オープン入口の排気口による強制排気は、臭気、熱風が外に漏れないよう加熱区入口をシーリングします。均熱区と冷却区の間では、約500mmのシール区を設け強制排気。温度差の激しい均熱区と冷却区の相互干渉を無くします。

4、二重壁/ヒューム防止/吹出ノズルの調整とフラッタリング(あおり傷)の防

炉壁の二重壁間に熱風を通し、壁面を高温に保ちヒュームの付着を防止します。また渦状の旋回気流を整流します。熱風吹出ノズルは、金属板のパタつきがないように風量、風向の調整ができます。そのためフラッタリングの発生がありません。

フローシート

1、チェーンのテンション自動調整装置(アブレージョン防止1)

エアーシリンダーによリウィケットコンベヤーチェーンのテンションを自動調整します。

2、チェーン自動給油装置(アブレージョン防止2)

チエーンヘの給油は、自動給油装置により極く少量のオイルを供給します。その結果、チェーンに関する全てのトラブルを防止します。

3、1インチピッチの幅広チェーン(アブレージョン防止3)

幅広チェーンは、フロントマシーン、リアマシーンでのウイケットのスムーズな動きを実現させます。

4、S-45C焼き入れレール/摩耗粉による汚れの防止

材質S-45Cを焼き入れしたレールは、磨耗が少なく、炉内の風速も緩いため磨耗粉の吹上がありません。

5、ウィケット/経験に基づく設計と性能

JIS-10C相当の鋼材を使用し、ニッケルメッキ仕上げのウイケツトは、防錆、付着タールの容易な洗浄を可能にしています。

6、メンテナンススペース/炉点の点検、清掃が容易

炉内のウィケット両側は、メンテナンススペースです。ウィケットを取り外さずに楽な点検、清掃ができます。安全でクリーンな炉内は、オペレーターの負担を軽減します。

7、ユニット構造/短い据付期間

本体鉄骨、側壁が一体構造のため短い据付期間が可能です。

オーブン能力選定表(A+B)。MYオーブンの型式は次のように表記されます。MYオーブン商品構成。

型式・仕様

標準ウィケット

印刷用オーブン(標準)

塗装用オーブン(標準)

オプション装置

ウィケット洗浄装置。アルカリ水と水の2ブース、2タンク構造をもつウィケット洗浄装置です。炉内にアルカリ成分を持ち込まないためトラブルはありません。装置は自動運転が可能です。
ウィケット余熱装置。ウィケット予熱装置は品質の面でもまた省エネの面からも、極めて有効な装置です。熱源は、オーブンの熱源の余剰エネルギーを利用します。装置は自動運転されます。

インバーター制御。正確なゾーンコントロール熱風循環ファンはインバーターで制御することができます。熱風量の調整は、省エネと共に、より高品質な仕上りを保証します。フラッタリング防止特に熱風量の多い加熱区の熱風循環ファンのインバーター制御はフラッタリングを完全に防止します。省エネ運転準備時間、休息時間等板切れ時には、主要な熱風ファンの低速切替および冷却ファンの停止を行う省エネ運転が可能です。

MYオーブンインテリジェント管理システム。MYオープン用に開発されたオープンインテリジェント管理システム(MY7000)では、簡単に、生産条件を設定することができます。さらに運転状況監視機能、異常発生監視機能、運転状況記録機能を合せ持つています。入力はタッチパネル方式生産条件の設定は、モニター画面に直接指で触れることにより、誰にでも間違いなく入力できるタッチパネル方式です。焼付温度、金属板の材質、寸法、生産速度など、カラーモニターに順次表示され、応答式でこれらの生産条件を入力します。メモリーされた生産条件での一括設定も可能です。また体患時間、緊急停止時などには、温度、風量の設定ができるため、省エネ運転が可能です。運転状態監視機能運転が開始されると、運転状況がカラーモニターで監視できます。オープンフロー画面では、各ゾーンの温度、各ファンの開閉状態、バーナーのガス流量、電気量、生産速度が、表示されます。ガスフロー画面では、ガス系統図上に、各パルプの状態、バーナーの着大、消火状態が表示されます。また各ゾーン毎の温度、各ファンの風量データが、グラフ表示されます。異常状態監視機能温度、ガス圧、遮断弁、ファンなど、オーブン内のトラブル発生がモニターで監視できます。モニターには異常箇所、異常状態とともに対応手順が表示され、 トラブルは最小限にくい止めることができます。運転状態記録機能生産実績を表示します。その画面のハードコピーが可能です。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求