乾燥・焼却の豆知識

「脱水ケーキ」について

下水処理場・し尿処理場・農業用排水処理施設・ごみ処理施設・工場の排水設備などから排出される汚泥を脱水した状態のものを「脱水ケーキ」と呼びます。

 

この脱水ケーキは、すでに脱水処理をされた処理物ですが、脱水処理をされた後も含水率が高く、そのまま放置すると腐敗が起きて悪臭を出したり感染病などを引き起こす危険性があるため、乾燥・焼却などの処理をする必要があります。

 

乾燥・焼却など適切な処理をされた脱水ケーキは、廃棄物として埋立処分される場合もありますが、セメント原料や農業で使用される肥料などとして再利用され、有効活用されています。

 

近年、バイオマス発電が注目されていますが、汚泥・脱水ケーキはこのバイオマス発電でバイオマスエネルギーとして有効活用されるケースも増えています。

 

汚泥・脱水ケーキを公害として処理するだけでなく、再生可能エネルギーとして有効活用することは、世界的にも重要な方針・施策であると考えられます。

 

大和三光製作所は、汚泥・脱水ケーキを乾燥処理する乾燥機の製作では、世界トップクラスの技術を有していると自負しております。

 

是非、お気軽にご相談くださいませ。

「脱水ケーキ」に関連する当社の製品