バンド乾燥機

バンド乾燥機
バンド乾燥機。多種多様な産業で幅広く利用されています。
バンド乾燥機は、永年にわたり改善され、改良されてきた連続対流伝熱式の代表的な乾燥機です。
バンドコンベヤー(金網、パーフォレートプレート等)の上に積載した材料を、乾燥室内を移動させながら熱風により乾燥する熱風式乾燥機です。
バンド乾燥機は、一般的に材料層の空隙に熱風を強制通気させて乾燥します。
バンド乾燥機 外観
バンド乾燥機 外観
バンド乾燥機 外観
バンド乾燥機 外観
バンド乾燥機 外観
バンド乾燥機 外観

特徴

温度・風速等を自由に正確にコントロールできるので、良質の乾燥製品が得られます。

  • 1、乾燥の進行状態に応じて各区ごとに、温度、湿度、風速が容易に設定、制御できます。(ゾーンコントロール)
  • 2、乾燥時間を任意に調整可能で、熱経過が同一のため乾燥むらの少ない均一な製品ができます。
  • 3、材料が静止状態で乾燥されるため、破損やダスト飛散が極めて少なくできます。
  • 4、特に材料が泥状物・不定形材料の場合は造粒・成形します。付着性・揺変性のある材料にも適合できます。
  • 5、コンベヤーに(自動)洗浄装置を設置することにより、清掃が容易で、サニタリー性にすぐれコンタミ防止が可能です。
  • 6、低温(除湿空気)から高温まで、広範囲の温度で利用できます。
  • 7、種々の型式(1段〜数段型)があり、能力は少量から多量まで可能です。

用途

広範囲の材料を乾燥できます。

  • 1、粒状材料食品(あられ、スナック等)、即席麺、農産物、化成品、繭、豆類、顔料、染料、樹脂、肥料等
  • 2、定形状材料建材品(ボード、岩綿板、硅カル板、ベニヤ板等)、その他IC基板、自動車部品、電気部品、機械部品、その他
  • 3、揺変性(チクソトロピック)材料
  • 4、繊維状材料
  • 5、付着性、凝集性材料
  • 6、その他不定形状材料やフィルターケーキ等を、成形機・造粒機にかけて使用できます。
     殺菌、焼付け、キュアー等の熱処理にも使用できます。

気流方式。気流方式は各種の中から選べます。通期流、平衡流が主に採用されています。他に交互気流などがあります。

乾燥条件

バンド乾燥機の型式

型式の例

1段バンド型。一段バンド乾燥機。

多段バンド型。多段バンド型乾燥機。

過去の使用例

■下記の用途などで使用されています。

繭の乾燥/各種化学製品(炭素繊維)
各種食品(野菜・カシューナッツ・ラーメン・煎餅・粉末スープなど)
樹脂/ゴム等

今後考えられる使用例

■幅広い分野で対応可能ですので、まずはご相談ください。

  • お問い合わせ
  • カタログ請求