アップダウン乾燥機

アップダウン乾燥機
アップダウン乾燥機 トレイ乾燥の自動化・省力化に最適です!
アップダウン乾燥機は、乾燥材料を積載したトレイを、上下に自動的に移動し、その間にトレイ面に熱風を有効に作用させ、材料を乾燥するユニークで効率のよい乾燥機です。
アップダウン乾燥機のトレイの動きは自動化されていますので、省力化できます。

特徴

  • 1、成形品、板状材料、その他多品種の材料に適します。
  • 2、トレイの左右から上下面に熱風を流しますので、乾燥不同を少なくします。
  • 3、乾燥時間は、他の平行流乾燥機に比べ、短縮できます。
  • 4、希望する乾燥条件(温度、湿度、風速)を選べます。
  • 5、自動化装置なので、トレイ寸法を大きくすることができます。
  • 6、立体構造なので、据付面積が少なくてすみます。
  • 7、斬新、確実なアイデアで、作業の合理化に役立ちます。

トレイの動き

基本フロー

  • ①材料をトレイに積み、入口供給コンベヤー上に置きます。
  • ②入口供給コンベヤーにより、上昇エレベーターの下部に移動します。
  • ③エレベーターにより、間欠的に、一段ずつ上昇し、上部に達します。
  • ④水平移動コンベヤーによって、下降エレベーターの上部に移動します。
  • ⑤下降エレベーターは間欠的に、一段ずつ下降します。
  • ⑥エレベーター下部に達すると、出口取出コンベヤーによって取出口に移動します。
  • ⑦このトレイは一般の場合、台車、コンベヤー等により機外に移動します。本体の下部のコンベヤーで返送することもできます。

熱風の動き

  • ①送風機と熱源装置により、熱風をおこします。(自動温度調節装置で所定の温度にします。)
  • ②熱風は吹込ダクトより上昇エレベーターのトレイの上下面を平行流に流れ、材料を効果的に加熱乾燥します。
  • ③下降エレベーターでも、同様にして材料を効果的に加熱乾燥します。
  • ④上昇時にトレイの左側、下降時は右側より熱風を吹出しますので、乾燥時間が短く、乾燥不同も少なくなります。
  • ⑤材料面を通過した後、空気は吸込ダクトに吸い込まれますが、多湿となり温度も降下します。
  • ⑥多湿になった空気の一部は、送風機により外部へ排気します。
  • ⑦大部分の空気は循環空気として主送風機に戻り、新鮮空気とともに熱源装置によって所定の温度に再加熱し、再使用されます。

型式と仕様

配置例

営業品目

■成形材料 ■板状材料 ■塊状材料 ■泥状材料 ■その他トレイに積載できるもの

  • お問い合わせ
  • カタログ請求